知財ニュース.com 編集部 

medical device半導体ある技術分野の特許情報を分析する場合、出願人や特許権者を調べることは重要であり、これまでに数々の観点から分析が行われてきました。一方で、特許事務所(代理人)については分析された情報が非常に少ないのが現状です。
そこで、2020年に登録された特許件数に基づいて、「半導体」分野における、「特許事務所」のランキングを作成しました。ランキング作成に当たっての調査条件は以下の通りです。

  • 技術分野:半導体
  • 抽出した特許:2020年に登録日を有する日本の特許
  • 集計:各特許事務所の取り扱い特許件数
1位は特許業務法人志賀国際特許事務所で最大手の特許事務所となりました。2位は特許業務法人深見特許事務所、3位は吉田・吉竹・有田特許事務所、伊東国際特許事務所でした。ホームページの情報ではそれぞれの所員数は760名、252名、70名、232名であり、吉田・吉竹・有田特許事務所は所員数に対して比較的多くの半導体特許を扱っていることがわかります。
なお、半導体分野における、2020年の日本発の特許と、外国から日本へ出願された特許(外内)との比率は、およそ1:0.2となりました。1位~3位の特許事務所では、その比率はおよそ1:0.9、1:0.2、1:0.006、1:1.1となりました。特許事務所によって取り扱い比率に違いが見られました。
順位 件数 特許事務所名
1 188 特許業務法人志賀国際特許事務所
2 165 特許業務法人深見特許事務所
3 164 吉田・吉竹・有田特許事務所
4 164 伊東国際特許事務所
5 140 龍華国際特許業務法人
6 120 特許業務法人酒井国際特許事務所
7 119 創英国際特許法律事務所
8 105 園田・小林特許業務法人
9 102 特許業務法人あい特許事務所
10 99 特許業務法人 高田・高橋国際特許事務所
11 99 特許業務法人快友国際特許事務所
12 94 ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所
13 90 青山特許事務所
14 85 特許業務法人筒井国際特許事務所
15 78 鈴榮特許綜合事務所
16 77 青和特許法律事務所
17 73 酒井総合特許事務所
18 73 協和特許法律事務所
19 71 日向寺国際特許事務所
20 70 特許業務法人太陽国際特許事務所
21 64 (インハウス弁理士)
22 61 新居国際特許事務所
23 60 杉村萬国特許法律事務所
24 58 特許業務法人YKI国際特許事務所
25 57 中村合同特許法律事務所
26 57 好宮特許事務所
27 55 響国際特許事務所
28 55 ポレール特許業務法人
29 53 岡部国際特許事務所
30 52 特許業務法人ゆうあい特許事務所
31 51 特許業務法人日栄国際特許事務所
32 50 優和国際特許事務所
33 50 プライムワークス国際特許事務所
34 49 横浜国際特許事務所
35 48 いおん特許事務所
36 47 特許業務法人高橋・林アンドパートナーズ
37 47 片寄特許事務所
38 44 西川国際特許事務所
39 40 特許業務法人明成国際特許事務所
40 40 奥田国際特許事務所(奥田 誠司)
41 39 特許業務法人 佐野特許事務所
42 39 山川国際特許事務所
43 35 特許業務法人 谷・阿部特許事務所
44 34 特許業務法人英明国際特許事務所
45 34 特許業務法人鷲田国際特許事務所
46 33 正林国際特許商標事務所
47 33 新都心国際特許事務所
48 32 國分特許事務所情報
49 32 特許業務法人 津国
50 32 新樹グローバル・アイピー特許業務法人
※技術分野の範囲の設定や、代理人弁理士の所属の設定によって、調査結果は変動します。検索ノイズが含まれるのを避けるため、調査対象を少し絞っています。検索の仕方によっては、同じ技術分野でも件数が増える場合があります。また、本ランキングはあくまで登録件数に基づいた一側面を示したものであり、各事務所の一般的な業務能力を反映するものではありませんので予めご了承ください。
用語の出現頻度解析
さらに、1位~3位の特許事務所の取り扱い案件について、特許の「発明の名称」の欄の記載内容を抽出し、用語の出現頻度を視覚化しました。
発明の名称は、発明を上位概念化した用語が通常使用されますので、「装置、方法」が特に多く見られましたが、具体的な半導体関連の用語として、「半導体、基板、薄膜トランジスタ」などの用語も見られました。

※ユーザーローカル テキストマイニングツール(https://textmining.userlocal.jp/)による分析。単語の色は青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。
お問い合わせ先

知財ニュース.com
編集部 徳重大輔
お問い合わせ:https://chizainews.com/contact